当社在籍有資格者数

 警備業法第18条(特定の種別の警備業務の実施)の規定により、特定の警備業務を行うにあたっては、配置基準に従い、種別ごとの区分に応じた警備業務に関する検定の合格証明書の交付を受けている警備員を配置しなければなりません。
 特に、交通誘導警備業務においては、高速道路・自動車専用道路に加え、各都道府県公安委員会が認定した国道など主要幹線道路(配置路線)においても、交通誘導警備業務検定合格者の配置が義務づけられています。
 更に、イベントや花火大会などの雑踏警備業務においても雑踏警備業務検定合格者の配置が義務づけられました。
 こういった状況に対応し、又、警備員の資質の向上を図る為、当社では有資格警備員の養成に取り組んでいます。
 現在の、主な有資格警備員数は下表の通りです。

資格名称 在籍人数
警備員指導教育責任者資格者(1号の区分) 53
警備員指導教育責任者資格者(2号の区分) 45
警備員指導教育責任者資格者(3号の区分) 15
警備員指導教育責任者資格者(4号の区分) 15
機械警備業務管理者資格者 15
施設警備業務1級 10
施設警備業務2級 53
交通誘導警備業務1級 10
交通誘導警備業務2級 135
雑踏警備業務1級 6
雑踏警備業務2級 40
貴重品運搬警備業務1級 4
貴重品運搬警備業務2級 6
自衛消防業務講習 89
平成26年7月10日現在